2017年4月17日月曜日

平成29年度岐阜県カヌー協会総会

4月15日(土)岐阜市グランヴェール岐山において岐阜県カヌー協会総会を行いました。



事務局から平成28年度の事業報告、決算報告、平成29年度の事業計画、収支予算の報告がありました。
昨年度、岐阜県カヌー協会を普及を目的に各地でカヌー教室を行い、新たな選手の発掘を行いました。
そして、今年度は発掘した選手を大会に出場させる事を目標に活動していきます。
山田会長からも、
「岐阜国体がカヌー協会のピークではない、これから地元にカヌーが根付いていくように大会運営や選手の発掘、普及を目指していかなければならない。」
というお言葉を頂きました。
今後も各事業をこなしながら、カヌー競技の認知度が上がっていくように活動していきたいと思います。

平成29年度岐阜県カヌー協会事業
・日本カヌー連盟A級審判取得養成講習会      5月15日(土)
・福井リハ国体審判員派遣事業           4月29日(土)〜30日(日)
・2017揖斐川チャレンジカヌー大会開催事業    5月20日(土)〜21日(日)
・東海高校総体                  6月17日(土)〜18日(日)
・審判員育成強化事業 第6回揖斐川カップ     未定
・県民スポーツ大会開催事業            8月20日(日)
・2017ジャパンカップキョクヨーシリーズ揖斐川大会 9月29日(金)〜10月1日(日)
・802カップ                    未定
・2017長距離選手権大会開催事業          11月3日(金)〜5日(日)


午後からは審判資格取得養成講習会が行われました。
今回の参加者は7名でした。
全員合格をし新たな審判員の仲間が増えました。
今後ある、東海ブロック大会、ジャパンカップで活躍できるように努力していってもらいたいと思います。




2017年4月4日火曜日

揖斐川チャレンジ2017 カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会

揖斐川チャレンジ2017 カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会
実施要項

1.期  日  平成29520()21()
2.会  場  揖斐川特設カヌー競技場(朝鳥公園前)
3.競技会名  揖斐川チャレンジ2017 カヌースラローム・ワイルドウォーター競技会
4.主  催  岐阜県カヌー協会・揖斐川町カヌー協会
5.後  援  揖斐川町(予定)・揖斐川町教育委員会(予定)
6.競技種別(種目)      カヌースラローム競技(A・B決勝方式)
                K-1、C-1、C-2、WK-1、WC-1、C-2Mix
カヌーワイルドウォーター競技(クラシック)
    K-1、WK-1
※上記以外のカヌースラローム・カヌーワイルドウォーターの種目および(社)日本カヌー連盟の検艇条件を充たさない艇での参加については、男女の別で上記種目に編入し、オープン参加扱いとする。
7.競技方法  ()日本カヌー連盟競技規則による。
一部、競技種別に特別ルールを設ける。(「6.競技種別(種目)」 を参照のこと)
8.参加資格  カヌースラローム愛好者。セルフレスキューができる者に限る。
9.表  彰  別に定める総則の表彰規定による。
10.競技日程  
519() 9:00 ワイルドウォーター・スラロームコースオープン
同日ゲート設置を行うため、設置の支障にならないよう、係員の指示に従うこと
 1630         コースクローズ
520() ワイルドウォーター競技
830930    ワイルドウォーター競技受付・検艇
830950    スラローム競技受付・検艇
900            ワイルドウォーター・スラローム競技 監督会議
 1000        開始式
1100         デモンストレーション
1200         ノンストップトレーニング
1330                決勝
1430                スラロームコースオープン
公式練習終了後、コースセットを行うため、セットの支障とならないように
時間厳守をして、係員の指示に従って下さい。
1530          コースクローズ
521() スラローム競技
900         デモンストレーション
1000                カヌースラローム予選
1300                カヌースラロームB決勝、A決勝
競技終了後、ゲート撤収
1500                表彰式・閉会式

11.申し込み  https://goo.gl/forms/M5YbFBQyoGujdAWl1を入力すること。
下記QRコードからもエントリーが出来ます。
12.参加料および振り込み先」に記した銀行口座への参加料振込先への振り込み完了をもって、受付完了とする。振込み期限までに振り込みされていないものについては、受け付けをしない。今回はWebのみのエントリーになります。



        ※チームでまとめてエントリーしたい場合は、teppeikatu@yahoo.co.jpまで連絡をください。チーム用エントリーフォームを送付致します。


12.参加料および振り込み先
参加料 1種目 \4,000(2種目目以降は半額になります。)
参加料の支払方法は、下記に記した銀行口座への振り込のみの受付とする。
なお、振り込み手数料は、参加者の負担とする。参加料は、いかなる場合においても返還されない。
【振り込み先】金融機関 十六銀行 南中津川支店
口座種別 普通
口座番号 1295599
口座名義 岐阜県カヌー協会 会計 加藤哲平 揖斐川チャレンジカヌー大会
振り込み期限 201758日(月)
13.問合せ先  岐阜県カヌー協会 加藤 哲平 (かとう てっぺい)
電話 080-1073-3269 
14.競技上の注意
・競技中の事故については当該競技者の責任とする。(事故の補償は当該競技者が負う)
・ヘルメット・ライフジャケット(浮力6kg以上のもの)を必ず着用すること。
 ・水量、気象状況により日程変更がある。
・公式練習等は競技前のノンストップトレーニングを省略するため19日(金)、20日(土)の指定時間をスラローム競技のコースオープンとする。ただし、ゲート設置を同時に行うため、作業に支障がないよう、設置員の指示に従うこと。
15.その他
・本大会は、国民体育大会第38回東海ブロック大会カヌー競技会兼第72回国民体育大会東海地区予選会と同時に開催となる。前述競技会・予選会の運営の都合により、競技日程その他に影響がでる場合は、前述競技会・予選会の運営を優先させることがある。
・前述競技会・予選会の監督会議を、競技本部にて行う。(日時は上記大会の要項参照のこと。)日程の変更のある場合および連絡事項は、上記会議にて発表する。
・カテゴリーの成立人数は3名。成立しない場合は一般カテゴリーに属する。
16.お願い
・スラローム競技参加者は、ゲート設置および競技終了後のゲート撤収にご協力をお願いいたします。
・当日は、会場の朝鳥公園にてキャンプ可能です。利用可能箇所の詳細については、当日スタッフに問い合わせ願います。また、ごみの持ち帰りなど、節度ある利用をお願いいたします。

2016年10月18日火曜日

第2回802カップ

10月16日(日)に岐阜県八百津町にある蘇水公園で、第2回802カップが開催されました。

この大会は岐阜県で唯一カヌー部がある、八百津高校カヌー部OBが企画・運営しています。

今年から新しく、パラカヌー、小学生の参加も募り、11人のパラカヌーイスト、小学生が参加してくれました。

総勢47名の選手と保護者の皆さん、たくさんの人が集まってくれてとても盛り上がりました。

今年はK-1Mの部、C-1とK-1Wとパラ女子の部、小学生男子とパラカヌーの部、小学生女子の部、この4部門で大会を行いました。

K-1クラスでは、八百津高校カヌー部顧問の渡辺先生が圧巻の漕ぎを見せ優勝。

A決勝 男子カヤックシングルの部

B決勝 男子カヤックシングルの部

C-1クラスでは、現役高校生で今年のカヌーマラソン世界選手権に参加した、安江 宏君が優勝。


A決勝 カナディアン、女子カヤックシングル、女子パラカヌーの部

B決勝 カナディアン、女子カヤックシングル、女子パラカヌーの部
 パラと小学生男子の部はパラリンピックを目指し特訓中の小川 剛矢が優勝。


カヤックシングル小学生男子、パラカヌー男子の部
小学生女子は揖斐川町カヌー協会の井口 愛梨選手が優勝しました。


カヤックシングル小学生女子の部

大会準備を行ってくれた八百津高校カヌー部、そしてOB。また、役員として参加してくれた岐阜県カヌー協会の皆さんありがとうございました。
参加してくれた選手の皆さんもご苦労様でした。



























2016年10月17日月曜日

岩手国体を終えて

10月7日(金)〜10日(日)に岩手県奥州市胆沢川カヌー競技場にて、岩手国体カヌー競技スラ・ワイが開催された。

以下スラ・ワイ 高見文博監督の感想です。


今回の国体会場は、昨年同様ダム直下に位置し水量、流速共に十分であり選手には、パワー、高度なテクニックを求められる厳しい大会となった。

しかし、スラローム競技期間中は、生憎の雨と風の影響が生じ不運な結果となった選手もいた。

このような条件の中、最良の流れを如何に読み取り、確実にキャッチし正確にトレースできるかが勝敗のポイントとなった。

今回のスラ・ワイ岐阜県選手団は加藤、渡辺、海渕に加え、井戸選手の成長著しく東海ブロック大会にてすべての出場枠を獲得することができ、さらに全種目において入賞が期待できる強力な布陣で大会に臨むことができた。

各種目の結果については、岐阜県カヌー協会ホームページを参照下さい。

競技結果からは、スラ・ワイ共に各選手のレベルが非常に拮抗している事(同タイムや、100分の1秒の僅差)が伺えた。

これらの中に今後の練習におけるポイントがあるように思う。
世代交代も始まりつつある中、岐阜県選手には更なる奮起を期待したい。

選手、役員の皆さん寒い中、体調管理も大変でした。
本当にお疲れ様でした。










2016年10月11日火曜日

希望郷いわて国体カヌー競技大会4日目

10/10(月)岩手国体カヌー競技最終日。
最後の種目はカヌーワイルドウォータースプリント。

岐阜県選手団の成績

カヌーワイルドウォータースプリント男子K-1
第3位  岐阜県 渡辺 正浩


カヌーワイルドウォータースプリント女子K-1
第9位  岐阜県 井戸 奈津美

僅かなミスで結果が大きく変わるのがワイルドウォータースプリント競技。
張り詰める緊張感の中、岐阜県の2選手は自分の力を発揮してくれました。

4日間の日程で行われたスラ・ワイ競技も終わりました。

成年男子 20点
成年女子 16点

参加点  10点

合計    46点

岐阜県は競技別総合順位は17位でした。

去年よりも点数を伸ばすことができたことが良かったですが、天皇杯を狙うには、少年少女の強化が必要不可欠です。

課題等、色々見えた大会でした。来年に向けて各選手が頑張っていきます。

監督・選手、また役員として岐阜県カヌー協会から岩手国体に参加した皆さんお疲れ様でした。

応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました。引き続き応援よろしくお願い致します。










2016年10月9日日曜日

希望郷いわて国体カヌー競技大会3日目

岩手国体カヌー競技大会3日目。

カヌースラローム15ゲートが行われました。

岐阜県選手の結果は以下の通り。

カヌースラローム女子K-1  15ゲート
第4位  岐阜県  海渕 萌

カヌースラローム男子K-1  15ゲート
第6位  岐阜県  加藤 哲平

強風の中のレースで、全体的に荒れたレースになってしまいました。
運が左右するレースになってしまったのは残念でしたが、その中でも選手は最高のパフォーマンスで漕ぎ切っていました。

また、岩手県立御所湖広域公園漕艇場で行われている、カヌースプリント競技に八百津高校3年の小川 真奈選手が参加しました。

10/8(土) 少年女子カヌースプリントカヤックシングル500m  準決勝敗退
10/9(日) 少年女子カヌースプリントカヤックシングル200m  準決勝敗退


今日でスラローム競技、スプリント競技が終了しました。
応援ありがとうございました。

明日はカヌー競技最後の種目、カヌーワイルドウォータースプリント競技決勝が行われます。
岐阜県からは、渡辺 正浩選手、井戸 奈津美選手が参加します。
応援よろしくお願いします。





2016年10月8日土曜日

希望郷いわて国体カヌー競技大会2日目

今日行われた競技はカヌースラローム25ゲートです。
天候は雨。気温は低く調整が難しいレースでした。

岐阜県選手の結果は以下の通りです。

カヌースラローム女子K-1 25ゲート
第3位  岐阜県  海渕 萌

カヌースラローム男子K-1 25ゲート
第4位  岐阜県  加藤 哲平

明日はスラローム15ゲートが行われます。
15ゲートに参加する選手は加藤、海渕です。
応援よろしくお願いします。